ホーム/会社概要/沿革

1875年7月   初代中嶋豊吉氏が大阪府東成区今里町4丁目32番地にて中豊を設立し、昆布業を始
         める。

1890年9月   青昆布製造業を始める。

1906年2月   2代目中嶋豊吉が事業を継承し、地方販売と同時に台湾など東南アジアに青刻み昆布
         の輸出貿易を始める。

1930年4月   3代目である中嶋英三が事業を継承するも1939年8月に応召する。

1941年3月   企業統制により企業合同となり、共同経営となる。

1946年4月   中嶋英三が復員によって勤務するも共同経営を脱退し中嶋英三商店として個人経営
         をなす。

1955年11月   株式会社中豊商店を設立(資本金150万円)。

1963年8月   中嶋英三が現会長の中嶋康裕と共に中嶋食品工業を設立。本社を現在地である大阪
         府東大阪市寿町3-19-20に移転(資本金1200万円)

1969年4月   中嶋康裕が代表取締役となる。

1975年3月   大阪府食品流通センターに北部営業所を設立。

1989年4月   小売り販売のさらなる発展を目的とし、なにわ味株式会社設立。

1996年3月   汐吹昆布が大阪府知事賞を受賞。

1996年7月   なにわの味 しめじ昆布が大阪府知事賞を受賞。

1997年5月   前野善信が代表取締役となる。

1999年3月   しめじ昆布が全国水産加工たべもの展において農林水産省長官より優秀賞を受賞。

2012年11月   中嶋圭子が代表取締役となる。

ページのトップへ戻る