ホーム/会社概要/ご挨拶

弊社は、明治8年に創業し、昆布を取り扱い140有余年大賀なく過ごさせて頂いております。
これもひとえに皆様の御厚情の賜と哀心より厚く御礼申し上げます。

昆布は、ご承知の通り日本の食生活を語る上で欠かすことの出来ない食品の一つで御座います。とりわけ『出し』の分野におきましては、『鰹節』と並び日本料理の職人になるためには『出し』を自在に操る事が出来て1人前と言われるほどで御座います。しかしながら、その料理の世界でさえ、今日1種類の昆布、1種類の鰹節で事足りるという風潮になっていると聞き及んでおります。

国内で取れる昆布の種類を大別すると6種類、さらに細分化致しますと、生産組合ごと、大きさや色合いを示す等級別までに分けられ、数百種類にまで拡がります。そこへ鰹節との『合せ出し』ともなりますと、それはもうマニアックの世界とも言えてしまう次第です。そこまで行かなくとも、用途に応じた適切な種類を見分け、適材適所に合わせた昆布をご提供することが弊社、ひいては昆布を供給する側の使命と考えております。

また、現在はファーストフーズの味で育った人が多く、健康の面、日本食文化の面の二つから危ぶまれております。そんなことを皆が思っているからか数年前に和食がユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。我々に親しんだ味を遺すため、そんな大それたことでなく、お子様方の健康のためにということでも、是非もう一度日本の食品である昆布をご家庭の食卓へ取り入れて頂けますことをお薦め致します。

千年以上も前から日本人の食卓に上がっていた本物の昆布の味をぜひ皆様にご賞味いただきたいと思います。さらに、近年著しい伸びを見せております”タレ“”エキス””調味料”の分野の皆様の用途に合った商品を長年培ってきた弊社の独自のルートにより長期に渡って安定した供給をお約束し、ご使用して頂ける業務をさらに展開いたしております。

なにぶん昆布は、天産物のこと、隔年ごとの豊作、不作等取り巻く自然環境には厳しい物が御座いますが、弊社の総力を挙げ、産地北海道はもちろんのこと、全国に協力企業、工場を配しお取引先様に供給する体制を構築いたしております。

どうぞ、昆布原藻、海藻、昆布加工製品の事につきましては、何なりとお申し付け下さい。弊社がお取引先様に的確な商品をお勧めさせて頂けることと存じます。

                                代表取締役社長  中嶋 圭子

ページのトップへ戻る